タグ:サムイ島 ( 11 ) タグの人気記事

サムイ島 【No.9】 ナンユアン島続き~

ナンユアン島でしばらく遊んだら次は船に戻ってお昼ご飯です
と言うことはオットには恐怖が又やって来ます。そうもう一度あの小船に乗るんです。
わざわざあんな小船の写真を撮ってる私はその時絶対ブログネタにしようと思っていたんですね・・・^^;

船に戻ると後方部に料理のお皿が並べられ、ビュッヘです
オットは泳いでもないのに、食べ物で楽しみを見出そうかのように食べる気満々
これにスープもサーブしてくれていい感じ 味的には日本で高いお金を出してホテルの食べ放題で冷食ばっかりだったバージョンよりずっとはるかにまし!普通に美味しいタイ料理!
e0122059_845081.jpg


食べたらまたもや船を横付けして海上で船の移動です
オットは何をするんや~って表情です
サービスで海底が見える船で海底観察の時間です^^;
e0122059_851312.jpg


そしてタオ島付近に戻ってシュノーケリング このツアーを申し込んだ会社ではタオ島上陸って言っていたのに上陸はないそうです ちょっと楽しみにしていたのにな
まっ、気を取り直して Let`s go!
e0122059_853614.jpg

e0122059_86367.jpg

船に戻ったら冷たいアイスティーとマフィンのサービス
なんかホッとするサービス それにこのツアースタッフにイケメンが多かったの
興味のある方は、昨日の恐怖の小船の写真みてね
e0122059_861864.jpg


そしてホテルまで送ってもらったら、こんなお魚がありました
e0122059_865976.jpg


いい感じで更新してます。次回は2日目の晩御飯からです
[PR]
by peixe | 2007-08-16 08:23 | 旅行

サムイ島 【No8】 オットは恐怖体験 妻はたのし

しつこい様ですがオットは海や船が嫌いなのに、ビーチリゾートへ行くと決めたのはオットの意向です(^^)
そんなオットを待ち受けていたのはこの小さな小船・・・
何が恐怖体験と思われるでしょうが、この船に乗ってる間話しかけても無言
瞳は前方を見つめるだけ、からかうなんて出来そうにない雰囲気。ちょっとしてみましたが
普段は温厚な彼は一言「動くな!」と
わざわざ高速船を指定したこのツアーなのにこんな小船移動が待ち受けてるなんて
天に誓って私は知りませんでしたよ^^
e0122059_10544272.jpg


こんな大きな岩の間を進みます。その間オットは振り返りもせずずんずん進みます
どうやらこの板敷きの上もいやそうでした
e0122059_1055257.jpg

これが美しいと絶賛だったナンユアン島なんでが・・・
e0122059_10552370.jpg

綺麗だったんですよ。晴れてりゃな~
でも私にゃ問題ありません。覚えてらっしゃいますか
朝ごはんの時に失敬してきたフランスパン ここにて登場
片手に握り締めマスクをつけて進みます すると海の中には色とりどりのお魚ちゃん
近くにいるグループは魚を見つけては喜んでます。私は握り締めた手を開いてはパンを千切って少しずつ撒いてるとあっという間に魚に囲まれて怖いくらい 
e0122059_1055459.jpg


e0122059_10561288.jpg

そこでお決まりのシンハーとピニャ 美味しい~♪
e0122059_10563014.jpg

e0122059_10565969.jpg

オットはこんな椅子に座ってお留守番 私は1人浮かれて遊んでます
でも、行きたいって言ったのはオットです^^;
e0122059_10572415.jpg

オットは気分を変えてテキーラ♪
e0122059_1058057.jpg

dinoさんもご愛用のクロッカス オットのはもう何年か前に楽だと聞いて通販で
私のはハワイのコストコで安売りになっていたので調子に乗ってピンクなど
今から思えばどうしてこんな色を買ってしまったのでしょうと嘆くことしかり
e0122059_10581834.jpg
e0122059_10584016.jpg

次回は船の上でのお昼ご飯からです
[PR]
by peixe | 2007-08-15 11:24 | 旅行

サムイ島 【No.7】 タオ・ナンユアン島へ

本当にご無沙汰してごめんなさい(^^;)
以前より時間が出来たものの、あちこち出かけたりうまく時間配分が出来ないせいで
サムイ島もほったらかしのまま、もうはや1ヶ月が過ぎてしまいました
後半分張り切ってやってしまいましょう^^

2日目の朝ごはんを食べた後は1dayツアーのお迎えを待つばかりのはずがぎりぎりの時間に・・・
慌てて部屋に戻り、荷物を持ってフロントに向かいます。このホテル今から思い出しても何の問題もなくすごく良かったのですが、プールやレストランは海辺にあるので、部屋やロビーへ向かうにはなだらかな坂になってます。これが急いでる時は辛かった~。そんな思いをしてロビーへ行くとお迎えらしい人はいるのだけれど、彼の持ってるリストと私達の名前のスペルが違う。問い合わせやなんかをしているお陰で、少し一呼吸を入れて出発です。

以前にも書いていたかと思いますが。夫は船がきらい。海も嫌い。なのにリゾートに行きたいと言い出したのは夫です^^そんな夫のために揺れの少ない高速船をお願いして出発です
e0122059_20243382.jpg

ただこの船日本の舞鶴で使っていた船のようです。そこでオットの一言「ということは、舞鶴で使いたおして古くなったということでは・・・」と、心細げです。

港の周りの風景です。のどかな港町の風景が癒されます
e0122059_20305036.jpg

e0122059_2036191.jpg

遠くにビックブッダが見えます
e0122059_20325365.jpg

船内の写真です。日本語で書かれた注意書きのプレートが貼ってあります
e0122059_20335316.jpg


途中バンカン島に寄ると、お弁当売りのおばさんが待ち受けてます
e0122059_20382528.jpg

e0122059_20421450.jpg

この船は1dayツアーだけのお客さんが乗ってるのではなく、普段使いの人も使っておりツアーの人は何らかの印を着けそれを目印にサービスを受けます

途中の名もない島らしいです
e0122059_20424671.jpg


いよいよタオ島に到着。でも、降りるのは普段使いの人たちだけ 私達ツアーの人たちはそのまま乗って先にナンユアン島に向かいます
その途中にタオ島にあるバンガローが素敵なのでパチリ♪
e0122059_20433472.jpg


e0122059_20454969.jpg


ナンユアン島に着く前にオットには恐怖の体験が待っていたのでした
それは次回に~。今度の次回はこんなに間を空けることなく始まりますと自分にプレッシャーをかけておきます^^;
[PR]
by peixe | 2007-08-14 20:48 | 旅行

サムイ島【No。6】 2日目朝ごはん

この日は近くのナンユアン島への日帰りツアーに申し込んでるので5時起床
でも4時過ぎから目が覚めてしまいます
夫婦二人旅の良いところは目が覚めたらゴソゴソしたり、電気を付けてもいい所
たぶんにオットが電気をつけた位では起きない性質にもよると思いますが・・・
出発前夜は2時間睡眠、そして仕事して夜中出発なのにこの元気さはなんなんでしょ

ゴロゴロしながらテレビみたり、本を読んだり・・・
このゴロゴロの時間が一番好き
6時半から朝ごはんが頂けるので、6時ごろから散歩がてらプールサイドレストランへ
e0122059_10422941.jpg

あんまりお天気がよろしくない様子
でも何だか曇り空も素敵です
e0122059_1043488.jpg

レストランの様子
e0122059_10441988.jpg

ビーチ際の席に案内してもらいます
e0122059_10452178.jpg

ビーチには犬がお散歩です
e0122059_1045569.jpg

早速お皿を持って物色 洋食系もタイ料理もオムレツも・・・
手前にある平麺のパッタイが美味しかったです。今回一番でした
e0122059_10464370.jpg

オットは
e0122059_10475352.jpg

鶏の旨味たっぷりのおかゆが美味しかった~
e0122059_10482191.jpg

いつもホテルの朝ごはんはトーストにハム類を挟んでサンドイッチにして食べるのですが
このときはフランスパンも一切れ頂いて、これは後々のお楽しみのために
紙に包んでお持ち帰り♪
カットされたフルーツが盛られた小船みたいなテーブルが用意してありその横には
ジューサーが置いてあって自分で好きにジュースが作れます
e0122059_105303.jpg

本日はこの辺で~
[PR]
by peixe | 2007-07-16 10:55 | 旅行

サムイ島 【No.5】 恐怖のドライブの後はシーフードディナー

e0122059_8364215.jpg

ランチをとった後はホテルへ戻って少しゆっくり
このホテル本当に気に入ってるのですが、電源はキーを差し込み式になっていて
すごく暑い中を帰ってきても涼しいお部屋にって事にはなりません
ま、少したてば涼しくなるので省エネにはいいのですがね

プールにでも行って涼みましょ
リゾートではおなじみのプールバーで今回初のkyotachanおすすめのピニャコラーダで
乾杯です。ホントここのピニャコラーダが甘すぎもせずに美味しい♪
最終日には私達が行くと「1ピニャ、1バーボン」って、顔を見るなり聞かれてました^^;
ようやく体のほてりが収まったらいよいよ晩御飯に向けて出発です

サムイ島の下の方のラマイビーチ近くのフワタノン漁港のすぐそばにある「フアタノンシーフード」へ行こうとネットをチャックして出発前から決めていたのでした
ところが、サムイ島の地図なんて当てになりません。小さな島の外周道路を行けばすぐわかるかと思いきや突然道が現れたり、曲がったり・・・挙句に道にはたくさんの砂が散らばっていて
カーブでは冷や汗ものです。それにバイクもすごいスピードを上げて横をすり抜けていく
空が暗くなる中行けども行けどもつく様子はなく、目印になる物も見つからない

段々無口になる私達・・・そうこうしてる間にそれらしいお店を発見でもやってる様子はありません
大きなショックを抱え、行きしなに見つけたシーフードレストランに入ってみました
e0122059_912420.jpg

ビーチ沿いに建っていて日暮れにきたら最高だったかも。このときはすっかり日が暮れていて
何も見えません
e0122059_932313.jpg

ますはシンハーでかんぱ~い
オーダーしたのはシーフードバーベキューセット 955THB
e0122059_945514.jpg

大海老、ムール貝、いか、白身魚、かにに焼き飯とシンハーが1つ それに6種類のソースがついています。そのソースの中で一番美味しかったのが
e0122059_972262.jpg

にんにくソース♪にんにくと胡椒と醤油っぽいソースで出来ていてこれにかにをつけて食べると
たまらな~い。今思い出してもよだれが出てきそうです
あんまりにも美味しくって美味しい美味しいって食べてたらお代わりも持ってきてくれました
ここで働いてる男の子たち、すごく感じがよくって海老の種類がわからなかったら調理場まで行って持って来てくれたりと至れり尽くせりでした
このロケーションで、この料理で4000円弱と驚きです。地元のちょっとお出かけレストランのようで地元の方もたくさんいらっしゃいました

さあここからホテルに向かう道も大変です
挙句に雨がすごい勢いで降ってきてまたもや無言になりつつあるところを妙なテンションで
盛り上げつつ必死です
やっとこさついたホテルで待ってたのは
e0122059_9154146.jpg

フルーツとスーパーで買ったナッツをアテにトランクに忍ばせてきた芋焼酎「魔王」で
酒盛りでした
この「魔王」本当はすごく手に入りにくいのですが、4号ビンならたまに酒屋さんに
他の注文にまぎれて書いておくと一緒に配達されてくることがあって大事にとって置いたのでした
段々ビールに飽きてきて現地で焼酎らしきものを買おうとするのですが、香港でもハワイでも
とんでもない目にあったにがい経験があるものですから、今回はしっかり持参です

次回は離島ツアーです
[PR]
by peixe | 2007-07-14 09:23 | 旅行

サムイ島 【No.4】 まだまだ1日目

前回はホテルの紹介をしましたが、実はホテルの部屋を見る前に町へ繰り出していたのです
今回はそこから始めます

空港に到着したのが9時半くらい、車を受け取って出発したのが10時前
10分足らずで到着予定のホテルに着いたのが11時くらいだったかと・・・
私的にはドライブできて楽しかったのですがね。ただ途中にどこかのお店に入りたくても
レンタカーがジムニーのトラックタイプなので荷台にはスーツケースが乗せてあるのでそのまま車に置いて行くのはやっぱり抵抗があったので、ただのドライブドライブでした

ようやくついたホテルでチェックイン作業だけして荷物を預けて早速チャウエンビーチへお昼ご飯を食べに出かけます
ホテルからチャウエンビーチロードまでは約5分、途中でガソリンを入れたいのでホテルでスタンドの場所を聞いて出かけます
サムイ島にはガソリンスタンドが2種類あって、大きなのと小さいの。大きな方が安いとのこと
ならば大きな方をまずは目指して出発です
ところがありません。ホテルのスタッフはまっすぐ進むと右側にって言ったのに・・・
ぐるぐる回ってしまいにガス欠にでもなったら笑い事じゃーない 仕方がないので小さい方で
e0122059_855192.jpg
                10L=400THB=約1440円
掘っ立て小屋みたいなのにドラム缶が置かれてるだけの小さい方のガソリンスタンドです
たぶん値段は高くぼったくられてますが、もういいのです。お腹がすいてますから・・・
車を止めるところが中々見つからないのでチャウエンビーチロードの一方通行が終わる辺りにあるマクドナルドの裏に止めて歩きます
このチャウエンビーチロードの一方通行が曲者でホテルに帰るにはぐるっとッ回らなくてはならなかったりするのでタクシーやツクツク(乗り合いタクシーみたいなの)を止めるにも、止める場所に工夫が必要です

e0122059_992952.jpg

チャウエンビーチロードが始まる辺りにある食堂へ
中でおばさんが一生懸命作ってくれてます 男どもはホール係とでも言うのでしょうか、楽しそうにしゃべりながらのんきです
e0122059_912916.jpg

こちらが私の頼んだ海老とチリのガーリックペッパー炒めご飯添え 80THB
e0122059_911162.jpg

オットの鶏肉のガーリックペッパー炒めご飯添え 80THB
e0122059_9111723.jpg

そして、「腹おちょくってる」とのおなじみの言葉で追加のパッタイ 80THB
e0122059_9183483.jpg

店内の様子
e0122059_9114145.jpg

そして忘れてならないビールを頼んで285THB約1000円くらい やすーい!
お味は大変美味しく、日本であまりタイ料理を食べたがらない夫も大満足
私のはチリがプラスされてるのを頼んだらたっぷりのグリーンチリが入ってました
これがさすがの辛いもの好きの私も辛かった~ こういう現地の人が普段食べてるような
タイ料理っておいしい!こういうお店が日本にも欲しい!

この後「トップス」というちょい大きめのスーパーを見つけたのでお買いもの
冷えたビールをいろんな種類とお水のペットボトル等
お水のペットボトルなんか500mlが12本で50THB!お陰で旅行中お水には困りませんでした
買ってきたのがこちら ただお茶がいけなかった 甘いし・・・オリジナルって日本語で書いてあるから日本オリジナルかと思いきや日本のお茶をオリジナル加工ってことだったみたい
e0122059_9274929.jpg
                  全部で366THB=1300円くらい  
もちろん1日1マンゴーといきたいマンゴーとマンゴスチンもございます
続きは次回に~                           
[PR]
by peixe | 2007-07-07 09:35 | 旅行

サムイ島 【NO.3】 ノラビーチリゾート&スパ到着~

今回の旅行はまったくの個人手配なのでホテルの送迎も付いてません
ホテルに送迎を頼むこともできるのですが、すると1人250B2人で500B
絶対個人で空港からタクシーかバスに乗ったほうが安い
ただ私がせこいからだけじゃなくって、色々苦労しながら動くのも好きなんだなと・・・
そんなことを考えてるときに、ふと閃いたことが・・・
滞在中1日はレンタカーを借りようと国際免許も用意した
レンタカーはホテルまで無料納車・引取りとなっている
じゃーホテルじゃなく空港って言うのはどうだろうかと問い合わせたら快くOKが出ました
24時間のレンタカー代が1200B もしホテルの送迎を頼んでたら500Bかかってたとしたら
お得じゃな~いと1人ご満悦

空港でレンタカーのジムニーを受け取り、ご親切に地図まで用意していただいてホテルの道のりも簡単に聞いていざ出発
ところが着きません 空港から10分の距離なはずが~
ナビ役の私は周りの景色に浮かれてまったく地図見てないし
流石に30分もドライブしたら、いい加減どなたかに尋ねましょう
車を止めたら近くのお店からわざわざ教えましょうって出て来てくれます
そんなこんなでやっと到着 ノラビーチリゾート&スパ
ホテルの玄関ロビーです
e0122059_5545237.jpg


ラウンジに併設されているバーカウンターです
e0122059_6205151.jpg


ラウンジの前は池になっていて象さんが水を撒いてくれています
e0122059_627080.jpg


e0122059_626599.jpg


今回ホテルを選ぶ際のポイントはビラタイプがいいとおっしゃるので・・・
5日間くらいならホテルと飛行機の付いてるパック旅行のほうが割安なんですが
ホテルの部屋の指定をすると俄然個人手配の方が安かったんです
今回お願いした「ノラビラタイプ」の玄関です
e0122059_6214842.jpg


木の扉を開けると海から帰った人用に砂を落とすシャワーがありました
e0122059_6222197.jpg


居住スペースに入るとシックなアジアン家具が並びます
e0122059_6224654.jpg


お部屋からみたデッキ 下には小川が流れています
蚊の心配をしましたがホテルの方で何か対策を取られているのか
こんなに緑が繁っていてもホテルの中では一度も刺されませんでした
e0122059_623798.jpg


e0122059_6232673.jpg


バスルームです この右手にはクローゼットと棚が用意してあり
自分の化粧品とかを置けてすごく使いやすい
ただ歯ブラシがなかったの 歯ブラシが置いてないなんてあり!?フロントにお願いすると
すぐに持ってきてくれましたが、別に忘れていたのでもなさそう・・・何故に!?
もしかしてここらでも中国製歯磨き粉だったりして、欲しいという人以外には渡さなかったとか!?
e0122059_6235380.jpg


ガラス越しに最初に入ってきたところが見えます
門の中なので安心してお空を見ながらお風呂につかれます
e0122059_624185.jpg


シャワーブースもお空が見えるのですが、曇ってるし^^
e0122059_6243961.jpg


プールの写真を一枚 そろそろ夕方の頃
e0122059_62583.jpg

[PR]
by peixe | 2007-07-02 06:27 | 旅行

サムイ島 [No.2]

いよいよ飛行機に乗り込み救命胴衣の説明が終わったらお食事タイムです
後部から食事のサービスが始まるので貰えるのも最初なら下げてもらえるのも最初
これがなんと言ってもありがたい
beef or fish?と聞かれるのではなくって ご飯かパンケーキという選択肢でした
もちろん私はパンケーキ
e0122059_7253144.jpg

オットはもちろんご飯をチョイス このメニューにもパンはついてきてます^^;
e0122059_7255081.jpg

この前日予想外の出来事があって私の睡眠時間は2時間
そして仕事帰りの出発にもかかわらず私は何故か素晴らしく元気
ただ飛行機の中は恐ろしく寒い オットの毛布も貰ってしばし睡眠
バンコクの空港に着いたのが5時半
空港は新しくなって綺麗です
前回プーケットの時は同じタイ航空の乗り継ぎだったせいか空港内の移動は
そんなになかった様なきがするのだけれど・・・どんどん進みます
e0122059_726981.jpg

途中免税店であちこちで見かけたロクシタンもある!欲しかったのに、あるとは思ってなかったのでチェックしてなかった dinoさんのブログにも載っていたのになーぐやしいー
そんなこんなで次の飛行機のバンコクエアーのラウンジへ
e0122059_7264232.jpg

素晴らしいことにエコノミーのチケットでもラウンジが使えます
e0122059_727122.jpg

バナナの葉っぱでくるんだものやクッキーなど綺麗に並べられて
新聞やフリーペーパー、パソコンなどが無料で使えます
e0122059_7272060.jpg

珍しいので葉っぱでくるんだものとクリームチーズのサンドイッチ オレンジのジェリーを
頂きました 葉っぱのものは皆モチモチ系のものでした
e0122059_730718.jpg

かわいいバスにのってサムイ島までの飛行機に向かいます
e0122059_7274479.jpg

待っていたのはこれ!ちっちゃ
e0122059_72857.jpg

中は横4列 縦18列でした あまりの小ささにオットは少し顔がこわばってる^^
白い服の男性を見ても天井も低いことがわかっていただけるでしょうか
e0122059_7282523.jpg

ここでも又機内食が出ます 右のはミートパイのようだったかな
e0122059_7421967.jpg

サムイ島に着いたら今度のお迎えはこのバス!?でした
e0122059_7424937.jpg

空港メインロビーです 壁はない様子 これってホテルのロビーじゃないのって感じです
e0122059_74392.jpg

新しい空港を作っていますというが、作っているのも同じもの(笑)
ビルを建てるつもりはない様子
e0122059_7432992.jpg

↑これは何でしょう トイレです バンコクの空港のトイレよりはるかに綺麗です
e0122059_7434798.jpg

中はこんな感じ やっぱりホテルと間違ってないかホテルを作ることに慣れすぎ!?

続きは今度 いよいよホテルに到着です
[PR]
by peixe | 2007-06-29 08:15 | 旅行

ただいま~サムイ島から帰ってきました!

e0122059_1031741.jpg

カメラのメモリーを忘れたことに気がついた時の落ち込みようったら・・・
出かけにブログを触っていた時にパソコンにつないだままでした。
カメラは忘れないようにしっかりチェックしたのに悔やんでも悔やみきれないとはこの事
オットに「これで厄落としできたやん」と慰めてもらう言葉さえむなしく響きます

タイ航空の最終便というか始発?!の夜中の01:30発に乗るために
京都駅から関空へ向かいます
いつもはヤサカタクシーの関空シャトルで行くのですが、関空到着が最終9時までに到着しなければならないと決まっているそうでそれ以降は乗り入れできないそうです
以前プーケットに行った時もこの便を使ったのですが直前になるまでシャトルバスが
使えないと知らなかった為又、はるかもその時は最終が19:20だったので仕事終わりでシャワーも浴びてなんて思ってたのに、バタバタで本当に大変でした
今回も夫の仕事終わりがはるかの最終の20時台のに乗れるかどうかわからなかったので
今回は車で行こうと思っておりました
ところが2日前に調べてみると駐車場や高速代そしてガソリン代も入れると3万円近くになることが判明
こうなら何が何でもはるかです! 出発前日にアクシデントがあったりでお陰ではるかに乗れることに相成りました

メモリーがないことにがっくりしながらも
今回の旅行の目的 その1食べたもの全部写真に残そう

ということで携帯で撮った駅弁です
e0122059_10223426.jpg

かなりボケボケです^^
はるかのホームの近くにたくさんの種類のお弁当が売ってますが、時間も時間なので
殆どが売切れです
写真はおにぎり弁当 オットは鶏めし←写真はあまりにもボケボケなのでなし

関空に到着後時間があるので、早速メモリー探しです
ところが時間は10時過ぎ お店は殆ど閉まってます
ちょうど案内所があったので聞いてみると免税店が最終便用に12時過ぎに開くところが
あるのでそこに他の店舗から持っていっておく様にしておきますとの事
ありがたや~でもその職員の方「SDカード」と連呼してメモリーはすべてSDカード1種類
だと思ってるようす 私も現物が手元にないので見てみないことにはわかりません
不安がよぎりながら出国手続きです

チェックインは普通2時間前にならないとしてくれないかと思ってましたが
もうすでに始まってました
席も2人がけ用の後部という指定もOKがでてラッキー♪
その時に忘れていたことが1つ
オットの保険をかけることに・・・私のはクレジットカードの付帯保険があるので、かけないのですが夫のはネットで申し込もうと思っていたのにてっきり忘れてました^^;
チェックインカウンターの近くに受付があったのにもかかわらず、自販機みたいなのがあるから大丈夫と思っていたら大丈夫じゃなかった
自販機みたいなのがあることはあるけど、動かない 利用時間のお知らせも書いてないし
なんと不親切と怒りながらも自分が悪いのです
ところが最近のこのご時世便利になっているのです
携帯でネット検索してみると私みたいな人用に直前でも入れる海外旅行保険のサイトが
あって無事加入!後はこのページを記憶させてと、でも指が更新ボタンを押してるし
するとページは消えて事故があったらどこに言えばいいの~状態に・・・
まあ入れたのだし何とかなるでしょね

あとはゆっくり免税店を物色というよりメモリーさがしです
e0122059_10513873.jpg

やっぱり手配してくださってたSDカードというものは違うものでしたが
隣の飲み物や本を売ってるところにありました
私の愛しいメモリーちゃんが!
でも512MGで6060円!私のはネットで2MGを5000円まで買ったはず
文句は言えません 512MGでもメモリーがあれば現地でCDに焼いてもらえるはず
これで後はゆっくり出発を待つだけ
本日の飛行機 タイ航空機の写真もパチリ
e0122059_10574762.jpg

メモリーが手に入ったのでご機嫌で写真を撮っておりました

長くなったので本日はこの辺で

少し離れたところにあった喫煙所
e0122059_10595331.jpg

[PR]
by peixe | 2007-06-27 09:50 | 旅行

samui ni toucyaku

gosinpai wo okakeitasimashita ga memory card wa kaemashita.
imaha bankok de samitou heno noritugimati desu.

dinosan soreha naidesyou ^^;
[PR]
by peixe | 2007-06-22 08:26 | 徒然