<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サムイ島 【No.9】 ナンユアン島続き~

ナンユアン島でしばらく遊んだら次は船に戻ってお昼ご飯です
と言うことはオットには恐怖が又やって来ます。そうもう一度あの小船に乗るんです。
わざわざあんな小船の写真を撮ってる私はその時絶対ブログネタにしようと思っていたんですね・・・^^;

船に戻ると後方部に料理のお皿が並べられ、ビュッヘです
オットは泳いでもないのに、食べ物で楽しみを見出そうかのように食べる気満々
これにスープもサーブしてくれていい感じ 味的には日本で高いお金を出してホテルの食べ放題で冷食ばっかりだったバージョンよりずっとはるかにまし!普通に美味しいタイ料理!
e0122059_845081.jpg


食べたらまたもや船を横付けして海上で船の移動です
オットは何をするんや~って表情です
サービスで海底が見える船で海底観察の時間です^^;
e0122059_851312.jpg


そしてタオ島付近に戻ってシュノーケリング このツアーを申し込んだ会社ではタオ島上陸って言っていたのに上陸はないそうです ちょっと楽しみにしていたのにな
まっ、気を取り直して Let`s go!
e0122059_853614.jpg

e0122059_86367.jpg

船に戻ったら冷たいアイスティーとマフィンのサービス
なんかホッとするサービス それにこのツアースタッフにイケメンが多かったの
興味のある方は、昨日の恐怖の小船の写真みてね
e0122059_861864.jpg


そしてホテルまで送ってもらったら、こんなお魚がありました
e0122059_865976.jpg


いい感じで更新してます。次回は2日目の晩御飯からです
[PR]
by peixe | 2007-08-16 08:23 | 旅行

サムイ島 【No8】 オットは恐怖体験 妻はたのし

しつこい様ですがオットは海や船が嫌いなのに、ビーチリゾートへ行くと決めたのはオットの意向です(^^)
そんなオットを待ち受けていたのはこの小さな小船・・・
何が恐怖体験と思われるでしょうが、この船に乗ってる間話しかけても無言
瞳は前方を見つめるだけ、からかうなんて出来そうにない雰囲気。ちょっとしてみましたが
普段は温厚な彼は一言「動くな!」と
わざわざ高速船を指定したこのツアーなのにこんな小船移動が待ち受けてるなんて
天に誓って私は知りませんでしたよ^^
e0122059_10544272.jpg


こんな大きな岩の間を進みます。その間オットは振り返りもせずずんずん進みます
どうやらこの板敷きの上もいやそうでした
e0122059_1055257.jpg

これが美しいと絶賛だったナンユアン島なんでが・・・
e0122059_10552370.jpg

綺麗だったんですよ。晴れてりゃな~
でも私にゃ問題ありません。覚えてらっしゃいますか
朝ごはんの時に失敬してきたフランスパン ここにて登場
片手に握り締めマスクをつけて進みます すると海の中には色とりどりのお魚ちゃん
近くにいるグループは魚を見つけては喜んでます。私は握り締めた手を開いてはパンを千切って少しずつ撒いてるとあっという間に魚に囲まれて怖いくらい 
e0122059_1055459.jpg


e0122059_10561288.jpg

そこでお決まりのシンハーとピニャ 美味しい~♪
e0122059_10563014.jpg

e0122059_10565969.jpg

オットはこんな椅子に座ってお留守番 私は1人浮かれて遊んでます
でも、行きたいって言ったのはオットです^^;
e0122059_10572415.jpg

オットは気分を変えてテキーラ♪
e0122059_1058057.jpg

dinoさんもご愛用のクロッカス オットのはもう何年か前に楽だと聞いて通販で
私のはハワイのコストコで安売りになっていたので調子に乗ってピンクなど
今から思えばどうしてこんな色を買ってしまったのでしょうと嘆くことしかり
e0122059_10581834.jpg
e0122059_10584016.jpg

次回は船の上でのお昼ご飯からです
[PR]
by peixe | 2007-08-15 11:24 | 旅行

サムイ島 【No.7】 タオ・ナンユアン島へ

本当にご無沙汰してごめんなさい(^^;)
以前より時間が出来たものの、あちこち出かけたりうまく時間配分が出来ないせいで
サムイ島もほったらかしのまま、もうはや1ヶ月が過ぎてしまいました
後半分張り切ってやってしまいましょう^^

2日目の朝ごはんを食べた後は1dayツアーのお迎えを待つばかりのはずがぎりぎりの時間に・・・
慌てて部屋に戻り、荷物を持ってフロントに向かいます。このホテル今から思い出しても何の問題もなくすごく良かったのですが、プールやレストランは海辺にあるので、部屋やロビーへ向かうにはなだらかな坂になってます。これが急いでる時は辛かった~。そんな思いをしてロビーへ行くとお迎えらしい人はいるのだけれど、彼の持ってるリストと私達の名前のスペルが違う。問い合わせやなんかをしているお陰で、少し一呼吸を入れて出発です。

以前にも書いていたかと思いますが。夫は船がきらい。海も嫌い。なのにリゾートに行きたいと言い出したのは夫です^^そんな夫のために揺れの少ない高速船をお願いして出発です
e0122059_20243382.jpg

ただこの船日本の舞鶴で使っていた船のようです。そこでオットの一言「ということは、舞鶴で使いたおして古くなったということでは・・・」と、心細げです。

港の周りの風景です。のどかな港町の風景が癒されます
e0122059_20305036.jpg

e0122059_2036191.jpg

遠くにビックブッダが見えます
e0122059_20325365.jpg

船内の写真です。日本語で書かれた注意書きのプレートが貼ってあります
e0122059_20335316.jpg


途中バンカン島に寄ると、お弁当売りのおばさんが待ち受けてます
e0122059_20382528.jpg

e0122059_20421450.jpg

この船は1dayツアーだけのお客さんが乗ってるのではなく、普段使いの人も使っておりツアーの人は何らかの印を着けそれを目印にサービスを受けます

途中の名もない島らしいです
e0122059_20424671.jpg


いよいよタオ島に到着。でも、降りるのは普段使いの人たちだけ 私達ツアーの人たちはそのまま乗って先にナンユアン島に向かいます
その途中にタオ島にあるバンガローが素敵なのでパチリ♪
e0122059_20433472.jpg


e0122059_20454969.jpg


ナンユアン島に着く前にオットには恐怖の体験が待っていたのでした
それは次回に~。今度の次回はこんなに間を空けることなく始まりますと自分にプレッシャーをかけておきます^^;
[PR]
by peixe | 2007-08-14 20:48 | 旅行